×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

触手療法

触手療法と聞いて、どのような治療法を頭に思い浮かべますか?文字を読めばおおよその想像がつくと思いますが、所謂、人の手によって患部の治療を行っていくということらしいのです。 触手療法は、元来、中国から伝わってきていて、中国医学(中医)の筋経路法を基礎にしているようです。 大学病院で行う治療方法は主にくすり、医療機器を利用した治療方法が圧倒的ですよね。人の手によって回復をさせるという治療方法は実際のところほとんどありませんよね。 しかしながら、触手療法ですと医薬品を飲むことがきわめて少なく、人の手によって力加減や手の動きなどを利用し、回復治癒を目指すもので、副作用の心配もなく安心な方法と言えるでしょう。 もちろん、内臓系の病気やらなんやら病院で治療することがベストなものについては触手療法では改善されへんことがあるんやし、症状によって治療を受ける場所を使い分けることが重要になってきまんねん。選択の問題やね。 人の手で行うことによって、血の循環が良くなることもあるんやし、凝り固まった筋肉がほぐれて体が軽くなるちうこともあるんや。 マッサージに行ったことのある方は想像できるかと思うんやが、凝り固まった肩を人の手によってほぐされるのはすごく気持ちがええやね。 ほんでマッサージをしてもろたあとの体の軽さといったら、さすがにやみつきになるんやよね。 人の手ちうのはその人によって厚みや力加減が違おるさかいに触手療法に向いとる手と向いておらへん手があるかもしれまへんが、このメリットは薬を使わんと回復できるといったトコではおまへんでっしゃろか。

Copyright © 2010 触手療法. All rights reserved